日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

構造改革特区

本来、経済の活性化のためには、その真の効果が疑問である漫然とした公共事業の拡大ではなく、規制改革を行うことによって、民間活力を最大限に引き出し、民業を拡大することが必須であることはつとに指摘されてきた。わが国の厳しい経済情勢を踏まえると、一刻も早く規制改革を通じた構造改革を行うことが必要ではあるが、全国的な規制改革の実施は、地域経済に厳然とした「格差」があるため、遅々として進展しないのが現状である。

こうしたことを踏まえ、地方公共団体や民間事業者等の自発的な立案により、地域の特性に応じた規制の特例を導入する「特定の区域」を設けることで、当該地域において地域が自発性を持って構造改革を進めるモデルの策定がなされた。平成十四年に、経済社会の構造改革の推進及び地域の活性化を図るため、構造改革特別区域法が制定されたのはこうした経緯からである。

ここで、当該地域においては国があらかじめ何らかのモデルを示したり、従来型の財政措置による支援措置を講じることに期待するのではなく、地域の参入者が「自助と自立の精神」を持って「知恵と工夫の競争」を行うことにより、地域の特性に応じた特区構想を立案することが期待される。また、そのような地域の独創的な構想を最大限実現するための環境整備を行っていくのが内閣の責務でもある。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ