日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

法の体系

日本の法律は優先順位から以下の通りとなっている。

憲法>法律>政令>省令>告示>訓令>要綱

・憲法
国家の統治権?統治作用に関する根本原則を定める基礎法。他の法律や命令で変更することのできない国の最高法規。

・法律(法)
国会で決められた社会秩序を維持するために強制される規範、法。

・政令(令)
内閣が制定する命令。憲法及び法律の規定を実施するための執行命令と、法律の委任に基づく委任命令とがある。

・省令(則)
各省大臣が、主任の事務について発する命令。執行命令と委任命令とがある。

・告示
国家や地方公共団体などが、ある事項を公式に広く一般に知らせること。また、そのもの。一般に、官報または公報の掲載によって行われる。
告示までが官報に載る

・訓令、通達
各省庁から下部組織に出す命令。

・要綱、要領
役所の内部ルール。各省庁の担当課で作る。省令にするほど重要でないものを要綱で定める。行政機関内部における規律であって、行政指導を行うための一般的な基準や、職員の業務執行上必要な細目的事項。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ