日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

議員立法

国会は立法府と呼ばれるように法律の審議、制定がその大きな役割である。国会に法律案を提出できるのは内閣と議員(各議院の委員会・調査会の場合もある)であり、内閣提出の法案は閣法、議員提出の法案は各議院でそれぞれ衆法、参法と呼ばれる。
議員立法に当たっては国会法第56条1項により衆議院では議員20人以上、参議院では議員10人以上の贅成が必要とされる。さらに予算を伴うものであれば必要議員数は各々50人以上、20人以上となる。

議員が法律案を提出する場合には各院の法制局がその立案を補佐し、審査する。法律案要綱、原案の作成を経て法律案は所属政党の政策決定機関にかけられ、必要な賛成者を得たうえで国会に提出される。議員立法はその性格上内閣法に比べて成立の割合は低いものの時代の変化に即応するためにも議員立法の重要性が高まっている。また米国では法律案はすべて議員立法の形をとっている。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ