日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

衆議院解散

衆議院解散は、内閣総理大臣の専権事項であるといわれるが、意外にもこれは天皇の国事行為のひとつである。憲法七条には「内閣の助言と承認によって衆議院が解散される」むね規定されている。解散の今ひとつの法源は同六九条に規定される内閣不信任案に関わる解散である。衆院において不信任案が可決されるか、もしくは信任決議案が否決されるとき、10日以内に解散、もしくは内閣総辞職をしなければならない。

仔細に条文に当たる限り、ことさら内閣総理大臣の専権事項とは読めないのだが、戦後の憲政史上で首相権能の強化と相まって醸成された通念がこの「伝家の宝刀」にほからない。

閣議で衆院解散が決定されると、ただちに内閣総務官が解散詔書に御名御璽を戴きこれに首相が副署する。解散詔書の伝達書を官房長官が衆院本会議場にもたらしこれを議長が読み上げれば衆院解散である。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ