日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

政策担当秘書

国会議員の秘書には国から給与を支給されるいわゆる公設秘書と、その他の私設秘書がある。公設秘書として、職務の遂行を補佐する第一秘書・第二秘書、それに加えて主として政策立案及び立法活動を補佐する政策担当秘書をそれぞれ1名を有することができる。

政策担当秘書は平成5年の国会法改正により、国会議員の政治活動を直接補佐し政策立案・立法調査機能を高めるための秘書として設けられた。

政策秘書になるには国会法に定められている「国会議員政策担当秘書」の資格試験合格者であるか、選考採用審査認定者であることが条件。選考採用審査認定者とは、資格試験に合格しなくても

1.一定の条件を満たした公設秘書経験者が政策担当秘書研修を終了した者
2.博士号取得者
3.司法試験等の高度な試験合格者

などでも選考採用審査認定委員会の認定を受けることにより政策担当秘書になることができる。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ