日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

調査会

参議院の調査会は参議院に解散がなく議員の任期が6年であることに着目し、長期的かつ総合的な調査を行う目的で昭和61年5月、参議院改革協議会の答申(昭和60年11月)に基づき国会法及び参議院規則の改正を経て参議院独自の制度として創設されました。

調査会は大局的な見地から国政の基本的事項に関して調査を行い、その成果として議員立法や政策提言を行うなど参議院にふさわしい調査機関としての役割を果たしています。

設置される調査会の名称や調査事項及び委員数は、基本的には通常選挙後最初に召集される国会において議院の議決により定められることとなっています。こうして設置された調査会はおおよそ3年間(議員の半数の任期満了の日まで)存続します。

調査会は調査に当たり、参考人からの意見聴取、政府からの説明聴取、内閣・官公署等への資料要求、委員派遣等を行うことができ、また、調査の結果、立法措置が必要な場合には法律案を提出できるなど常任委員会とほぼ同等の権能を有しています。

さらに立法措置が必要な場合において、自ら法律案を提出する以外に当該事項を所管する委員会に対して法律案の提出を勧告することができます。この立法勧告権が認められているのは調査会だけです。そのほか、調査のために公聴会を開き広く国民の意見を聴くことができますが、これも調査会にのみ認められています。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ