日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

CAD/CAM 冠 / ハイブリッドレジン冠

ハイブリッドレジンは、歯科材料の発展によって機械的性質が向上し、光の透過性や生体親和性に優れ、天然歯に近似した色調を有し、歯周組織にも調和した修復が行えるなど多くの利点を有する。また、金属アレルギー症例にも応用できることから、臨床応用が期待されてきた。さらに、ハイブリッドレジンに高温・高圧をかけてブロック化することにより、重合不足や気泡の混入のない安定した高い物性が得られることから、工場での管理下のもと最適条件下でのブロック製作が行われるようになっている。一方では、コンピュータ技術の発展に伴い、切削加工によって歯科材料から歯冠補綴装置を製作することができる歯科用 CAD/CAM システムが開発されている。
平成26年度の診療報酬改定により、歯科用 CAD/CAM システム装置を用い、均質性及び表面性状を向上させたハイブリッドレジンブロックから削り出された小臼歯部の歯冠補綴装置である CAD/CAM 冠が保険導入された。

1) 適応症
・小臼歯の単冠症例
・上下顎第2大臼歯まで残存している場合の下顎第1大臼歯の単冠症例
2) 推奨できない症例
・咬合面クリアランスが確保できない症例
・過小な支台歯高径症例
・顕著な咬耗(ブラキシズム)症例
・軸面の十分な厚みを確保できない症例
3) 考慮すべき事項
・部分床義歯の支台歯
・事実上の最後臼歯(後方歯の欠損)
・高度な審美性の要望

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ