日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

健康寿命

平均寿命のうち、日常的に介護を受けたり病気で寝たきりにならないで、自立して健康に、活動的に生活が出来る生存期間のことで、WHO(世界保健機関)が2000年に提唱した新しい指標である。平均寿命から、衰弱・病気・痴呆などによる介護(自立した生活ができない)期間を差し引いた数値が健康寿命になる。

2012年6月に厚生労働省が初めて算出し、厚生科学審議会の部会で示した。発表された数字は、2010年には男性が70.42歳で、女性は73.62歳。男性で健康寿命が最も長いのは愛知(71.74歳)で、最も低かった青森(75.32歳)で、最下位は滋賀(72.37歳)で2.95年の差があった。これに対し、同年の平均寿命は男性79.55歳、女性が86.30歳となっている。

政府は国民の健康指標『健康日本21』を00年に作っているが、健康寿命は次の改定版(13年)に新たな目標として盛り込まれる予定である。

我々歯科医師はこの健康寿命を延ばし平均寿命との差を短くすることに、これからも努めて参ります。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ