日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

国際司法裁判所

国連の常設の主要機関で1946年に設立され、本部はオランダのハーグに置かれている。国家のみを当事者として国際紛争を裁判によって解決、または勧告的意見を出す。勧告的意見は国連総会、国連の機関が法的問題に対する解釈を求めた場合に国際司法裁判所が示す法的解釈である。強制管轄権は他国から訴えられた場合、訴訟に応じる義務を負うもので国連加盟国193ヶ国のうち、日本を含む67ヶ国のみが受諾している。(2012年現在)裁判は9年任期の国籍の違う15人の裁判官で行われ、当事国の同意による付託または原告の国の訴えに対して、被告となる国が同意したときに開始される。判決は当事国を法的に拘束するが、判決の履行を直接的に執行する機関はない。しかし判決の履行を国連安全保障理事会に訴えることができる。
 国際司法裁判所の所長は互選で選ばれるが、日本人として初めて2009年から2012年に小和田恆氏が所長を務めた。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ