日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

マイナンバ-制度

国民一人一人に番号を割り振ることを定めた「社会保障・税共通番号制度」にかかる法律案(正式名称「行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律案」、通称「マイナンバー法案」)が5月24日、参院本会議で可決、成立した。2016年1月から制度の運用がスタートする予定である。

この「マイナンバー制度」とは、国民一人ひとりに12桁の番号を割り当てて、氏名や住所、生年月日、所得、納税実績、年金などの社会保障に関する個人情報を、その番号で一元管理する「共通番号制度」のことで、希望者には、番号と顔写真などが記載された個人番号カードが交付される。それぞれの国民の所得状況や年金、医療などの受給実態を正しく把握して、効率的な社会保障給付を実現することが目的とされている。

この制度が始まると、納税や社会保障に関する情報が一元的に管理できるようになる。行政に役立つだけでなく、国民にとっても、例えば年金や介護保険の納付状況がインターネットで確認できたり、確定申告の手続きが今よりも簡単にできたりといったメリットが考えられる。

一方で、所得や健康状態といった重要な個人情報が流出したり、他人に悪用されたりする危険性も指摘されている。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ