日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

選択療養制度(仮称)

平成26年3月27日の規制改革会議において「選択療養制度(仮称)」の創設について「論点整理」が示された。この説明で、「保険外診療を併用しても保険給付を幅広く受けられ、保険診療に係る経済的負担が治療の妨げにならない環境を急速に整備する必要があるとの観点より、治療に対する患者の主体的な選択権と医師の裁量権を尊重し、困難な病気と闘う患者が治療の選択肢を拡大できるようにすること、そのため、一定の手続き・ルールの枠内で患者が選択した治療については極めて短期間に保険外併用療養費の支給が受けられる患者(国民)にとって優しい新たな仕組みを構築する」とした。さらに「患者発で個別に適用される」とし、原則的に患者からの申し出が前提との考え方を示した。現在、保険外併用療養費制度には「評価療養」と「選定療養」があるが、選択療養はその両療養費制度とは異なり、医師の裁量権は尊重するものの、治療に対する患者の主体的な選択権を尊重し患者の選択肢を拡大する目的がある。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ