日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

非拘束名簿式

平成12年の公職選挙法改正により、平成13年の参議院比例代表選出議員選挙において実施された。従前は選挙前に政党が届け出る候補者名簿の中ですでに順位をつけていたが(拘束名簿式)、平成13年の選挙からは事前に順位をつけず、候補者個人名の獲得票が多い人から当選となった(非拘束名簿式)。

政党名、個人名によって得られた票は各政党の得票となり、ドント方式により各党に獲得議席数が配分される。当選者は候補者個人名の得票順によって定められる。

ちなみに、平成13年の選挙からは、政党の選挙運動に加え、候補者名簿に載った候補者個人にも一定の選挙運動が認められるようになった。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ