日本歯科医師連盟のホームページ

歯んどbook =用語集=

歯んどbook =用語集=

政務官

正式には大臣政務官という。内閣府及び各省に置かれる官職である。大臣政務官は、国会審議の活性化及び政治主導の政策決定システムの確立に関する法律により、従来の政務次官を廃止して副大臣とともに設けられた。

大臣政務官は、その府省の長である大臣を助け、特定の政策及び企画に参画し、政務を処理することを職務とする。その地位は内閣府設置法第14条、国家行政組織法第17条に基づいている。各大臣政務官の行う職務の範囲については、その府省の長である大臣が定める。また、その任免は、その府省の長である大臣の申し出により、内閣がこれを行う(認証官である副大臣と異なり、天皇による認証は受けない)。

大臣政務官は、内閣総辞職の場合においては、内閣総理大臣その他の国務大臣がすべてその地位を失ったときに、これと同時にその地位を失う。

またその地位は副大臣の下・事務次官の上に位置づけられている。大臣政務官と副大臣の違いは、副大臣がその府省の政策全般について大臣を助けるのに対し、大臣政務官は特定の政策について大臣を助ける。また、副大臣は大臣不在時に大臣の職務を代行しうるのに対し、大臣政務官にはそのような権限は与えられていない。

トップページへ戻る

歯んどbook =用語集= トップページへ