日本歯科医師連盟のホームページ

2014.10.8

【千葉県】平成26年度 千葉県医療問題議員研究会デンタルミーティング開催

千葉県歯科医師連盟では10月2日(木)4時20分より、京成ホテルミラマーレにおいて自民党の千葉県議会議員で構成される「千葉県医療問題議員研究会」の方々をお招きし、平成26年度の「デンタルミーティング」を開催した。
当日は午前中に、次期参議院選挙選考委員会への千葉県からの推薦候補者を決める「千葉県歯科医師連盟臨時評議員会」が開かれており、評議員会終了後、県議の先生方と合流し、連盟評議員の先生方にも参加していただいた。
今回のデンタルミーティングは、自民党県議会議員41名、千葉県歯連盟評議員38名と千葉県歯の四役の来席で行われた。千葉県歯連盟・砂川 稔会長、同県歯・斎藤英生会長の挨拶から始まり、来賓として自民党千葉県支部連合会会長の櫻田義孝衆議院議員の代理で白須賀貴樹衆議院議員より、千葉県医療問題議員研究会の宇野 裕会長よりそれぞれご挨拶いただいた。挨拶の後、勝田剛司県歯連盟副理事長より歯科による健康寿命の延伸効果、口腔と全身疾患、8020運動等の歯科の現状説明がなされ、続いて宍倉邦明県歯専務理事より歯科衛生士養成校設立を中心に様々な要望が行われた。
会合後の懇親会では、来春の統一地方選挙をにらみ、選挙区ごとに県議と評議員が同じテーブルに着席して、親睦を深めた。

 【当日の様子】

         
              挨拶を行う砂川  稔会長                        当日の会合の様子

         
         宇野 裕・千葉県医療問題議員研究会会長                白須賀貴樹衆議院議員