日本歯科医師連盟のホームページ

2013.4.8

【愛媛県】石井みどり氏を囲む会 報告

2月20日、石井みどり氏が来県され、まず伊予支部において、午後1時より、20名近くの参加を得て「石井みどり氏を囲む会」を開催させていただき、その後は、玉井歯科商店・河原医療大学校・山本学園を訪問させていただきました。
夕刻には松山市歯科医師会の例会で挨拶させていただきました。例会には170名近くの出席を頂戴し、石井先生は多数の出席者と握手を交わされておりました。
翌2月21日午前中は、東温支部へ。続いて、2月22日には東予地区集会が開催されました。
午前9:00から宇摩グランフォーレ石松にて集会が開催され、午前12:30からリーガロイヤルホテル新居浜にて集会が開催され、平日にもかかわらず、各集会には歯科医師・スタッフの方、約30名の方々がお集まり下さいました。
その後、西条、東予、周桑、今治支部へ、今治のI.S.D技工所にて歯科技工士さん方との集会があり、活発な意見交換が行われました。
午後6:30からは西条国際ホテルにて集会が開催されました。西条から今治への移動中に、県選出衆議院議員 白石とおる氏のミニ集会にも立ち寄られ、国政について話し合われました。午後8:10からは今治歯科医師会館にて集会が行われ、90名以上の方々がお集まり下さいました。
各集会の終わりには、恒例のガンバローコール三唱にて会が締めくくられました。

【石井みどり氏の活動方針】

①歯科口腔保健法の制定を受けた生涯を通じた切れ目のない歯科健診システムを確立し、特定健診に歯科健診を導入します。
②労働者の一般健診に歯科健診を導入します。
③産業歯科医の法的身分を明確化します。
④国民皆保険を守り、育んでいきます。

国民が必要な時に安心で安全な医療が受けられる公的医療保険は、生活を支える社会保障制度の基盤であり、何としてもこの制度を守ります。
⑤歯科医療を取り巻く税の諸問題に取り組んでいきます。
社会保険診療報酬の所得計算の特例措置、事業税非課税の特例措置の存続を求めていきます。
社会保険診療報酬に係る消費税負担、いわゆる損税の解消を目指します。
⑥歯科医師等の歯科専門職が、食育、健康教育、保健行政など様々な場面で活躍できるように環境整備をします。
健康保険法の改正等も視野に入れ、個別指導、監査の改善を目指します。歯科医師の裁量権を守ります。
⑦歯科医療のダイバーシティを創ります。