1. HOME
  2. 日歯連盟について
  3. 会長挨拶

日歯連盟について

会長挨拶

 歯科界の発展が国民の幸福につながる。
その強い信念のもと、日本歯科医師連盟は、歯科界の発展に資する政策実現のための政治活動を行っております。

歯科界の発展を目指すのは、それによりもたらされるのが歯科界の利益のみではないからです。多くの国民が生涯を通して、信頼できる歯科医療機関で良質な診療・治療を受けられることは、口腔の健康にとどまらず、全身の健康、健康寿命延伸にも寄与し、医療費抑制にも大きく貢献します。つまり、歯科医療機関は、国民にとってかけがえのない社会インフラの一つであり、「国民一人ひとりの健康」と「国の財政の健全性」の双方に貢献できるのです。

「歯科界の発展」を後押しするべく、本連盟は、我々の理念に共感してくださる国民そして議員の輪を広げていくことに、政治活動という側面から全力で取り組んでおります。我が国の医療は公的枠組みによって提供されているため、国や自治体による政策への働きかけも必要とされるからです。

本連盟は日本歯科医師会と密接に連携し、志を高く掲げつつ、「歯科医療体制の充実」と「歯科医療機関の健全な経営環境の整備」を目指します。さらに、求められる改革を着実に推進しながら、社会に必要とされる存在であり続ける努力を今後も重ねてまいります。

日本歯科医師連盟の活動につきまして皆様からご理解をたまわりましたら幸甚です。

高橋 英登 (日本歯科医師連盟会長)